トップページ > |イベント情報

イベント情報

全国各地の呉服に関するイベント情報満載です。
開催されたイベントの内容も随時更新しています。

最新情報

掲載日:平成30年11月27日

【特別展】皇室ゆかりの美術をきもの姿で鑑賞

詳細はコチラ
前期:11月17日~12月16日、後期:12月18日~1月20日に開催!

東京都渋谷区広尾の山種美術館は「【特別展】皇室ゆかりの美術―宮殿を彩った日本画家―」を11月17日~1月20日に開催します。前期:11月17日~12月16日、後期:12月18日~1月20日。
山種美術館創立者の山﨑種二は、1968(昭和43)年に完成された皇居宮殿を飾った美術品に感銘を受け、この優れた作品を多くの人に観てほしいという願いから、山口蓬春、橋本明治、東山魁夷らの宮殿装飾を手掛けた日本画家に同趣向の作品制作を依頼しました。本展では、同館所蔵の皇居宮殿に因んだ作品を4年ぶりに一挙公開します。入館料は一般1200円ですが、きものでの来館者は団体割引料金です。是非、きもの姿で鑑賞下さい。

  • 主催 |山種美術館
  • お問合せ 03-5777-8600(ハローダイヤル)
掲載日:平成30年11月27日

[特集展示]棗にまつわるエトセトラをきもの姿で鑑賞

詳細はコチラ
12月21日~2月11日に開催!

東京都千代田区北の丸公園の東京国立近代美術館工芸館は「所蔵作品展 近代工芸の名品‐[特集展示]棗にまつわるエトセトラ」を12月21日~2月11日に開催します。棗は茶道具のひとつで、抹茶を入れる木製漆塗の蓋物容器です。本展では、棗のかたち、構造、製法、装飾など、さまざまな角度からアプローチし、同館所蔵作品を一堂に展示します。重要無形文化財保持者(人間国宝)から近現代の工芸作家までの作品約100点を展観します。また、陶磁、ガラス、染織、金工作品など、近代工芸の名品もあわせて展示します。観覧料は一般250円ですが、きものでの来館者は200円です。1月2日、6日、2月3日は無料観覧日です。

  • 主催 |東京国立近代美術館工芸館
  • お問合せ 03-5777-8600(ハローダイヤル)
掲載日:平成30年11月27日

長浜きもの早春のつどいに参加を

詳細はコチラ
来年2月11日午後3時より北ビワコホテル グラツィエ(長浜市港町)の参加者募集中!

「2019長浜きもの早春のつどい」(同事業部会主催)が来年2月11日午後3時より北ビワコホテル グラツィエ(長浜市港町)で開かれますが、参加者を募集しています。きもの姿で、長浜盆梅展ライトアップ鑑賞、講演ときものdeディナーパーティーを楽しむ会です。特別講演会の講師は京舞井上流五世家元・井上八千代さん。特典として豪華景品が当たる大抽選会、参加者全員に記念品プレゼントがあります。参加費は1万円で、応募締切は1月31日。定員200名、先着順。申込は同事業部会へ。

  • 主催 |長浜きもの早春のつどい事業部会
  • お問合せ 0749-65-6521
掲載日:平成30年11月27日

きものde彩コンサートに参加を

詳細はコチラ
3月21日午後2時より京都コンサートホールで開催!

京都市では3月の春分の日を「伝統産業の日」と定め多彩なイベントを展開しますが、その一環として「世界文化自由都市宣言40周年事業 伝統産業の日2019 きものde彩コンサート」を3月21日午後2時より京都コンサートホールで開催します。これはきもの姿の方は限定特別価格で鑑賞できるコンサートです。NHK連続テレビ小説「ひよっこ」の音楽を担当した宮川彬良氏の指揮、京都市交響楽団の演奏で第1部和装で洋楽として荒野の七人、ゴッドファーザー・愛のテーマなど、第2部和の心洋の響きでとしてクレージーキャッツメドレー、上を向いて歩こうなど。入場料は一般4000円ですが、きもの着用者は当日2000円キャッシュバックがあります。チケット販売は京都コンサートホール、ローソンチケットなどで行っています。

  • 主催 |京都市
  • お問合せ 京都いつでもコール(TEL:075―661-3755)
掲載日:平成30年10月09日

特別展「日本画家 木村光宏」をきもの姿で鑑賞

詳細はコチラ
10月20日~12月16日開催

名古屋市千種区池下町の古川美術館は特別展「日本画家 木村光宏~山紫水明を描く~」を10月20日~12月16日に開催します。本展では、日展を中心に積極的に活動を続けている日本画家 木村光宏の国立公園シリーズや故郷である信州を描いた日本の風景の作品を紹介します。古川美術館と分館爲三郎記念館2館入館料一般1000円ですが、和装の方は半額です。是非、きもの姿で鑑賞下さい。

  • 主催 |古川美術館
  • お問合せ 052ー763ー1991
掲載日:平成30年10月09日

京都きものパスポート2018~2019

詳細はコチラ
きもの姿で京都をお楽しみ下さい!

きものの似合うまち・京都実行委員会は「京都きものパスポート2018~2019」を10月1日に発行しました。

パスポートには寺院・神社(31件)の期間限定(2018年12月25日まで、スマートフォンアプリは使用不可)の秋の特別優待協賛イベントを掲載しています。また、今年3月に実施した着易さとファッション性を兼ね備えたカンキレきものコンテストの優秀作品3点も掲載しています。体裁はA6判16ページとコンパクトなもので、ホテル、カフェ、京菓子や和雑貨店など特典を受けられる約400軒の特典協力店はホームページやアプリに掲載しています。ホームページ掲載の協力店の特典有効期限は2019年9月末日までです。是非、きもの姿で京都をお楽しみ下さい。

  • 開催場所 |京都市内一円
  • 有効期限 |平成30年10月1日~平成31年9月30日(一部有効期限限定の施設あり)
  • お問合せ 京都きものパスポート事務局(受付時間10:00~18:00。土日祝日は休み)
    TEL:075ー256ー6830
掲載日:平成30年09月12日

「谷崎潤一郎文学の着物を見る」をきもの姿で鑑賞

詳細はコチラ
9月15日~12月2日に開催

京都府乙訓郡大山崎町のアサヒビール大山崎山荘美術館は「谷崎潤一郎文学の着物を見る」を9月15日~12月2日に開催します。
 文豪・谷崎潤一郎(1886-1965)は、女性とそのよそおいを濃密に表現しました。代表作「細雪」の見どころのひとつは、女性たちの華やかな着物姿にあります。本展では、さまざまな資料をもとに、登場人物の着こなしを改めて検証します。他にも「痴人の愛」、「春琴抄」、「台所太平記」など、多様な作品に表された、魅力あふれるヒロインたちのよそおいの数々を、谷崎の文章や挿絵、時代風俗なども手がかりにアンティーク着物などで再現します。主な出品は「痴人の愛」ナオミ、「肉塊」ダンスホールの女性、「細雪」雪子、「台所太平記」鈴などです。会期中展示替えがあります。入館料は一般900円ですが、きものでの来館者は入館料から100円割引です。是非、きもの姿で鑑賞下さい。

  • 主催 | アサヒビール大山崎山荘美術館  
  • お問合せ | 075-957-3123
掲載日:平成20年2月12日

きもの着つけ入門DVD「ひとりで出来る着つけ塾」

詳しくはコチラ
〜初心者も安心・簡単 ひとりで着つけにチャレンジ!わかりやすく手ほどきします〜

 財団法人京都和装産業振興財団では、このほど、きもの着つけ入門DVD「ひとりで出来る着つけ塾」を制作、発売しています。このDVDは初めて「ゆかた」や「小紋」を着る人が気軽に着つけをマスター出来る内容となっており、服飾研究家の市田ひろみさんの監修の下、着つけや帯結びなどをわかりやすく解説しています。DVDはカラー40分で、価格は1枚320円(送料込)。

  • 制作・発売 | 財団法人京都和装産業振興財団
  • お問い合わせ | TEL:075-211-0015